◆蔵の考え    ◆仕込み水    ◆瓶火入れ    ◆貯蔵
 


 


日々「愉しい酒」を目指し、酒造りに精進しております。

ひとつひとつ丁寧に手造りで造ることを柱とし、手造りでやらなければいけない行程、機械に任せた方が効率よく、また正確にいく行程など、その年ごとの経験を踏まえ、当蔵にあった製法で造っております。

また、酒販店様、お客様へお届けするまでのお酒の管理に一番気を使い、お酒の処理方法も特定名称酒は瓶殺菌・瓶貯蔵とし、5℃以下での冷蔵庫保管にしております。

先に述べた「愉しい酒」 。「楽しい」とは違う、飲んでいただく方への、心から愉しんでいただきたい思いと、蔵人の心から愉しむ酒造りへの想いを会社理念として日々努力しております。

今後も酒販店様と共にお客様へ愉しい酒をご紹介させていただきたいと思っております。

 



歴史ある蔵で伝統を守り、酒質を保ってきた先代、先輩達は試行錯誤の連続であったろうと思います。

私も現代の消費者にはどんな酒が良いのか、常に考えています。

今私達が取り組んでいる事、それは原点に戻り「米の旨味を十分に引き出した酒」を造ること。

そのため、酒造りの基本である一、「麹」 二、「もと」 三、「造り」をしっかりと行ない、十分に目の行き届いた管理で酒造りを行なっています。

その一環として、特定名称酒はすべて瓶燗貯蔵にて管理しています。

こだわりがぎっしりと詰まった「福禄寿」の酒をぜひご賞味ください。


福禄寿酒造株式会社  秋田県南秋田郡五城目町字下タ町48番地
TEL 018-852-4130 FAX 018-852-4132

飲酒運転は絶対にやめましょう。お酒は20歳になってから。
Copyright(c)2008 Fukurokujyu Brewery co.,ltd All right reserved.